ハーレーの最大のメリット かっこいい

かっこいい

大型バイク乗りにとって憧れといえば「ハーレー」で、誰もが一度は所持したい、乗ってみたいと思っているはずです。その理由としてはさまざまなものがありますが、シンプルに突き詰めていくとかっこいいからといったものがあります。まず武骨でありながらスタイリッシュさを感じさせるデザイン、大排気量空冷OHVとV型ツインエンジンによる独特の音、これらに魅せられた人は多いです。

バイクとしての性能だけを考えれば、国産でも充分ですし、むしろ購入や維持、メンテナンスなどさまざまな部分で価格的に見れば、ずっと安価になります。しかしながらハーレーの魅力、メリットはそういったところではなく、男の憧れや夢を実現したフォルム、存在にこそあると言えるのかもしれません。

バイクとしての性能だけではなく、アイデンティティや理想の実現など、さまざまな部分で考えていくと自然と選ばれることが多くなります。満足感や優越感、なによりも運転している姿の格好良さは他に変えることのできない特徴です。バイクに関しては実用性だけではなく、趣味や好みといった部分が大きくなるので、自分が納得した品であることが大切になります。夢とロマンを追求して形にしたバイクがハーレーで、かっこいいところが最大の魅力です。

ハーレーのオイルはこちら

ハーレー

ハーレーのメリットは高速走行

高速走行

ハーレーのメリットを考える際に、一番大きいのは高速走行で安定することです。大型バイクの場合、意外と安定しないことが多く、ちょっとバランスを崩しただけで転倒したり、スリップしたりすることがあります。これは風圧がかなりのものとなり、まともにそれを体で受けてしまい、乗っている人がそれでふらつき、車体もその影響を受けるためですが、それを避けるためには、膝でタンクの部分を挟み、乗っている人とハーレーが一体になることが求められます。ハーレーの場合、それがしやすいというのも高速走行がしやすい理由です。

大型バイクの中にはスピードを意識した設計をしているものがあり、風防になるものがついていて、そこまで頭を下げる必要はありませんが、ハーレーはそうしたものがないため、重心を低くして乗る必要があります。そうした時でも重心がしっかりとしているため、多少姿勢を変えたとしても問題はありません。そうした高速走行での扱いやすさという点でもメリットとなります。それ以外の大型バイクに乗っていた時とは乗り方も違うため、慣れは必要となりますが、まずは1速、2速と試していき、自分に合った乗り方を模索していくことをおすすめします。

2台のハーレー

故障が少ない国産大型バイク

国産大型バイクは400cc超の排気量のバイクであり、一般的に750cc以上を指していることが多いです。600ccなどのミドルモデルも大型になりますが、ビッグバイクを夢見た人はリッターオーバーに乗りたいと考えるのが普通かもしれません。四輪の場合だと免許を取得すれば、すべての普通車に乗ることができますが、バイクだとそうはいきません。国産大型バイクに乗るためには大型免許が必要になるわけですが、これはメリットとも考えることができます。

大型二輪が必要になるゆえの優越感を得ることができますし、何より大型免許を取得することで技術が高くなります。国産大型バイクは性能がよく、低速・高速ともに申し分がありませんが、どちらかというと低速型の味付けです。日本の道路で時速200kmなどで走行するのは現実的ではないため、市街地を快適に走行できるエンジンの味付けになっているのです。

大型免許

低速トルクが太いので安定性があり、ふらつきにくいのがメリットとも言えます。国産大型バイクのメリットには壊れにくさもあり、耐久性やメンテナンス性にも定評があります。特にビッグマシンはエンジンに余裕があるので、故障しにくい傾向が強いと言えます。

オイルタンク